不真面目な薬学生のひとりごと

元薬学院生のブログですが、無事社会人になり、忙しくなってしまったので、更新・コメントへの返事はしていません。コメントはたまに帰ってくることもあるかも?(2017.3)

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記◎木藤潮香◎

ひっさしぶりの本のレビューです。


いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻冬舎文庫)いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻冬舎文庫)
(2005/02)
木藤 潮香

商品詳細を見る




ドラマや映画にもなった「1リットルの涙」の主人公、脊髄小脳変性症を15歳にして患い25歳という若さで亡くなった木藤亜也さん。
その亜也さんの母親である木藤潮香さんがつづった、手記です。


脊髄小脳変性症とは、小脳、脳幹、脊髄が徐々に萎縮してしまう疾患。
箸がうまく持てない、よく転ぶといった症状から始まり、進行するにつれて歩けなくなったり、字が書けなくなったりする。
最終的には言葉も話せなくなり、寝たきりになり、最悪の場合は死に至ることもある。
小脳、脳幹、脊髄が萎縮していっても大脳は正常に機能するため知能には全く障害がない。
つまり、体が不自由になっていくことを自分自身がはっきりと認識できてしまう。
亜矢さんは、体の自由が利かなくなることと自分の意識が変わることのない現実の狭間で生き抜いていく。
彼女が闘病中に手が動かなくなるまで書き綴った日記をまとめ、生前に出版された本が1リットルの涙。
出版後、亜也さんは脊髄小脳変性症の進行に伴う衰弱と、それに伴う尿毒症により、25年の短い生涯を閉じた。
(wikipediaより)



亜矢さんの死までの、周囲や家族、自身との葛藤や思いがつづられています。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 本のれびゅー | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎パラドックス13◎東野圭吾◎

友達に借りて読みました。

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


やっぱ東野圭吾おもしろいなー^^

あらすじをいうと…

宇宙?空間?のねじれである条件にあった人がパラドックスに巻き込まれて。
不思議な世界にまよいこむんだけど。
P13現象が引き起こした現象。
窮地に陥ったときに必要なのは冷静沈着な判断か、がむしゃらで本能的な行動力か。
性別も違えば年齢もばらばらな人たち。
果たして彼等のいる場所はどこなのか。
なぜP13現象に巻き込まれたのか。
戻れるのか。




最後の結末もなんだかほんわかな気持ちになれた気がしました。


ハードカバーしか売ってないと思うけど
おすすめですー。

| 本のれびゅー | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デセプション・ポイント

本ブログ初の本のれびゅーです。

今回読み終えたのはこちら。

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
(2006/10)
ダン ブラウン

商品詳細を見る


ダン・ブラウンの「セデプション・ポイント」。
ダンブラウンっていうよりも、ダヴィンチコードの著者って言ったほうが分かる人が多いかも。
ダンブラウンの著書はダヴィンチコード、天使と悪魔が既読で、どっちもおもしろかったから、デセプションポイントも絶対読もうと思っていたわけです。

ダヴィンチ―と天使と―はラングドンシリーズですが、こちらはそれとは違うノンシリーズの作品。

巻末の解説を少し拝借してストーリーを紹介します。



国家偵察局員レイチェルの仕事は、大統領へ提出する機密情報の分析。
現在、ホワイトハウスは大統領選の渦中にあり、現職と争っている対立候補は、なんとレイチェルの父だった。
選挙戦はNASAに膨大な予算を費やす現政府を非難し、国民の支持を集めている父が有利に進めていた。
そんなある日、レイチェルは直々に大統領から呼び出される。
NASAが大発見をしたので、彼女の目で確かめてきてほしいというのだが・・・。
状況が読み込めないままレイチェルが連れて行かれたのは、北極だった。
氷棚に埋まった巨大な隕石から等脚類の化石が大量に発見されたのだ。
これは地球以外にも生物が存在する証拠であり、まさしく世紀の大発見であった。
選挙戦は一気に逆転し、大統領が対立候補の娘である自分を情報分析官に選んだ理由を悟る。
だが、科学者チームと調査を進めるうちに、レイチェルは信じられない謀略の深みにはまり込んでゆく・・・・。

なお、表題の「デセプション・ポイント」は、あえて訳せば、「欺瞞の極点」とでもなるのだろうか。
政界における権力の極点とも呼ぶべきワシントンと、文字通り地球の北の極点――その二つを主舞台として、欺瞞と欲望に満ちた人間模様が繰り広げられる、重厚ながらスピード感あふれるポリティカル・スリラーである。



読み終えた感想ですが、やっぱりおもしろいです、ダンブラウン。
サスペンス?みたいな推理ものみたいなのがもともと好きっていうのもあるけど。
上巻の最初はちょっと引っ張りすぎな感じはしたんだけど。そこが唯一残念かな。
上巻の後半からは、どんどん読み進めたくなりました。

短い章で構成されている小説で、各章で話者がどんどん切り替わるので
いいとこで章が終わって次の章にいっても、いくつか他の人の視点で読み進めないと先が読めない!
もーきになるきになる!!

内容としては、宇宙とかNASAとか隕石とか海洋学とか政治の裏側とか・・・ちょっと難しいしとっつきにくい内容ではあるんだけど、まぁそれを含めてもおもしろいかなと思います。
真犯人は最後まで分からなかったし。
いかにも怪しそうなNASAの長官!?
意味深発言ばっかりする大統領上級顧問!?
レイチェルのお父さん!?
もしやもしやの大統領!?!?
それともはたまたこれ以外の人なの!?!?!?

わかんないってこれは(ノ∀・。)
え。あたしが鈍いだけ

ただ・・・最後は恋愛にもっていきたがるのはダンブラウンの特徴なんでしょうか。。。

ラングドンシリーズの3作目も早く読んでみたいなー。
もう出版されたのかな!?

| 本のれびゅー | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。